2006年11月06日

no-title

視界の片隅に、茶色っぽくて小振りなもの--例えばダンボールとか、脱ぎ捨てた服とか--がよぎると、ほんの0.1秒ぐらい「ちょびすけぇ、お前そんな所に」…って一瞬思って、すぐ「そっか、もういないんだっけ…」って思い直します。

そんな埒のあかないこと考えながら過ごす夜は心底寂しいですね…。

posted by ちょびすけ at 02:18 | Comment(3) | TrackBack(0) | 飼い主日記
この記事へのコメント
はじめまして。この日記は最初の方からずっと見てましたが、初めてコメントします。
私は柴犬が大好きなのですが犬は飼った事は無く、いつもこの日記を楽しみにしていました。日記を見ているだけで自分もちょびすけ君の飼い主になったように感じてました。朝起きて日記をチェックするのが日課だったのですが、最近は「あぁ、そうだった、もうちょびくんは見られないんだ…」と心がギュウッとなり、飼い主さんの心境も考えると切なくて涙ばかり出てきます…。
一人の時、特に夜なんかは色々思い出される事が多く辛いだろうと思うのですが、何と言って良いか励ますこともできず、もどかしいです。
でもちょびくんはとっても可愛いので、絶対に天国でもみんなに優しく可愛がられていますよ!!また飼い主さんに会うまで寂しい思いもせず、元気イッパイにガウガウしていますよ!これは絶対です!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
今まで可愛いちょびくんを見せてくれてありがとうございました。とても感謝です(^-^)
Posted by あん at 2006年11月06日 03:39
眠れぬ夜をお過ごしでしょうか・・・。
飼い主さま、辛いお気持ちを一人で抱えずに、ここで聞かせて下さいね。

夫は今までに3頭の愛犬の死を経験しておりますが、
私自身はまだ犬を飼った事がなく、未経験です。
こんな私が申し上げても全く説得力がないのですが、
それでも、日本で仲良くしていた柴子親子に、
その時が来たら、と考えると胸が張り裂けそうになります。
別れの時も号泣でした・・・。
ですから、飼い主さまのお気持ちを思うと本当に辛いです。

あんさんもおっしゃっているように、
ちょび君は飼い主さまから注がれた愛情を胸に、
元気に走り回っていることと思います。
「ちょっと先に行って待ってるからねー!」

こんなに愛されているちょび君と、
生活を共に出来た飼い主さまが本当に羨ましいです。
沢山泣いて、沢山悲しんで下さいね。
ゆっくりいきましょう。。。
Posted by しばわんこ at 2006年11月06日 04:38
ちょびすけくんが茶色いものに変身して
ちょこっと遊びに来てるのかもしれませんぜ!
「虹の橋で待ってるよ!つってもそっちの
一年がこっちの一秒だからオイラにとっては
まだシッコする暇もないくらいだがな!」とな。

いや、ちょびすけくんはこんな下品な
ワンちゃんではなかったか・・・たはは。
あと二週間ちょいでお誕生日ですね。
うちからもその日はジャ○ボーンお供え
するから喰ってくれよな!
Posted by at 2006年11月06日 08:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1658016