2006年11月09日

ご愛読ありがとうございました

皆様、ちょびすけが亡くなってからも、励ましのお言葉をたくさんいただきありがとうございました。ちょびすけもきっと虹の橋のたもとで「わふわふぅ〜〜〜」と喜んでいることと思います。

皆さんからいただいたコメントにお返事を何度か書きかけましたが、どうにも筆が止まってしまいました。どのコメントもありがたく拝読しました。お返事も書けず礼を失しましたこと何卒ご容赦ください。

ちょびすけがいなくなってしまい、これ以上このブログを続けても、僕の嘆きをつらつらと書くことしかできず、自分自身にとってもあの世のちょびすけにとっても、そして何より読んでくださる皆さんにとってもうれしい話ではないように思われます。

今はまだ悲しみは癒えませんが、それでもちょびすけとの出会いに感謝して飼い主がきちんと前を向いていくことをちょびすけもあの世で願っているのではないかと思います。13年間という短い間でしたが、やはり奴と一緒に過ごせたことはとてもすばらしい体験で感謝すべきことだと思わずにいられません。

ご愛読いただいた皆さん、コメントを下さったみなさんに感謝申し上げるとともに、皆さんが--犬を飼っている方も飼っていない方も--犬との出会いの中で幸せな人生を送られんことをお祈りして、このブログをひとまず休止したいと思います。

最後にちょびすけの昔の写真をアップしようかと思いましたが、写真を整理している途中で悲しくなってやめてしまいました。しばらくして気持ちの整理がついたら、ちょびすけが生きていた証に、写真だけアップしたいとおもいます。

また、みなさんと、いつかどこかでお目にかかれますように。

飼い主。



posted by ちょびすけ at 01:17 | Comment(16) | TrackBack(0) | 飼い主日記