2006年11月21日

おわりに

みなさん、暖かいコメントどうもありがとうございました。
最後に写真だけアップしてみました。特に今年の死ぬ直前の写真をつらつら眺めていたら、やっぱり涙が出てきました。時系列で写真を眺めると、やっぱお前痩せて小さくなっちゃってたね…って。。。。。。

今日はヤマトの中の人さんなどがおっしゃってるとおり、ちょびすけの誕生日のはずでした。飼い主は相変わらず接待で夜が遅く、先ほど帰ってきたばかりでしたが、チーズを供えて水を替えて、手を合わせました。

ちょびすけが生きているとき、フローリングの床にかちゃかちゃと爪があたった足音を立てて、夜中にごそごそ水を飲みに起きだしてくることがあったのですが、昨晩ぼーっと夜中に煙草を吸っていたら、ちょびすけの足音みたいなおとがカタカタと…。。

今度のうちはちょびすけが滑らないようにわざわざフローリングからじゅうたんに張り替えてもらったのですが、一部フローリング部分が残っているので、「なんだなんだ???」と見にいっても、もちろん誰もいるわけありません。空耳なんだか、よくわかりませんが、ちょびすけがもしかしたら会いに来てくれたような気がして、すこしにっこりすることができました。

あったこともないちょびすけに こんなにいろいろ言っていただいて、飼い主もうれしいです。手を合わせてくださったみなさん、命日や誕生日にいろいろ供えてくださった皆さん、そしてこのブログを読んでくださったみなさん。
ちょびすけにかわってお礼申し上げます。
どうもありがとうございました。

ときどき、他の柴飼いのみなさんのブログを巡回して、やっぱりモーレツに柴が飼いたくなります。今すぐ新しい仔をつれてきたらちょびすけが「なんだよぉ、、もう俺のこと忘れたのかよぉ、ブヒブヒ」と文句を言いそうなので、しばらくはちょびすけの思い出を胸にしまってすごそうと思いますが、またいつの日か、柴を飼うかもしれません。そのときは必ずまた チョビスケニッキ2を再開したいと思いますので、ぜひまたお目にかかれますよう。

え、?次の仔の名前? やっぱり ちょびすけって名前にしそうですね。 ちょびすけ the 2nd......wwww

では また!!!
posted by ちょびすけ at 23:58 | Comment(21) | TrackBack(0) | 画像日記

昔の写真10

2006年
image/chobisuke-2006-11-21T23:35:59-1.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:36:00-2.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:36:00-3.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:36:00-4.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:36:01-5.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:36:01-6.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:36:01-7.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:36:01-8.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:36:02-9.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:36:02-10.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:36:03-11.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:36:04-12.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:36:04-13.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:36:05-14.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:36:05-15.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:36:05-16.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:36:05-17.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:36:06-18.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:36:06-19.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:36:06-20.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:36:07-21.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:36:07-22.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:36:07-23.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:36:07-24.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:36:07-25.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:36:08-26.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:36:08-27.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:36:08-28.jpg
posted by ちょびすけ at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 画像日記

昔の写真9

2005年ごろ
image/chobisuke-2006-11-21T23:20:38-1.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:20:39-2.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:20:39-3.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:20:39-4.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:20:39-5.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:20:40-6.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:20:40-7.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:20:40-8.jpg
posted by ちょびすけ at 23:20 | Comment(1) | TrackBack(0) | 画像日記

昔の写真8

2004年ごろ
20041127-214421.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:16:03-1.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:16:04-2.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:16:04-3.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:16:04-4.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:16:04-5.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:16:05-6.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:16:05-7.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:16:05-8.jpg
posted by ちょびすけ at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 画像日記

昔の写真7

2003年ごろ
image/chobisuke-2006-11-21T23:08:28-1.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:08:28-2.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:08:28-3.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:08:29-4.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:08:29-5.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:08:29-6.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:08:29-7.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:08:30-8.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:08:30-9.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:08:30-10.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:08:30-11.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:08:31-12.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:08:31-13.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:08:31-14.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:08:31-15.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:08:31-16.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:08:32-17.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:08:32-18.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:08:32-19.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:08:32-20.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:08:33-21.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:08:33-22.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:08:33-23.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:08:34-24.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:08:34-25.jpg
image/chobisuke-2006-11-21T23:08:34-26.jpg
posted by ちょびすけ at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 画像日記

2006年11月09日

ご愛読ありがとうございました

皆様、ちょびすけが亡くなってからも、励ましのお言葉をたくさんいただきありがとうございました。ちょびすけもきっと虹の橋のたもとで「わふわふぅ〜〜〜」と喜んでいることと思います。

皆さんからいただいたコメントにお返事を何度か書きかけましたが、どうにも筆が止まってしまいました。どのコメントもありがたく拝読しました。お返事も書けず礼を失しましたこと何卒ご容赦ください。

ちょびすけがいなくなってしまい、これ以上このブログを続けても、僕の嘆きをつらつらと書くことしかできず、自分自身にとってもあの世のちょびすけにとっても、そして何より読んでくださる皆さんにとってもうれしい話ではないように思われます。

今はまだ悲しみは癒えませんが、それでもちょびすけとの出会いに感謝して飼い主がきちんと前を向いていくことをちょびすけもあの世で願っているのではないかと思います。13年間という短い間でしたが、やはり奴と一緒に過ごせたことはとてもすばらしい体験で感謝すべきことだと思わずにいられません。

ご愛読いただいた皆さん、コメントを下さったみなさんに感謝申し上げるとともに、皆さんが--犬を飼っている方も飼っていない方も--犬との出会いの中で幸せな人生を送られんことをお祈りして、このブログをひとまず休止したいと思います。

最後にちょびすけの昔の写真をアップしようかと思いましたが、写真を整理している途中で悲しくなってやめてしまいました。しばらくして気持ちの整理がついたら、ちょびすけが生きていた証に、写真だけアップしたいとおもいます。

また、みなさんと、いつかどこかでお目にかかれますように。

飼い主。



posted by ちょびすけ at 01:17 | Comment(16) | TrackBack(0) | 飼い主日記

2006年11月06日

no-title

視界の片隅に、茶色っぽくて小振りなもの--例えばダンボールとか、脱ぎ捨てた服とか--がよぎると、ほんの0.1秒ぐらい「ちょびすけぇ、お前そんな所に」…って一瞬思って、すぐ「そっか、もういないんだっけ…」って思い直します。

そんな埒のあかないこと考えながら過ごす夜は心底寂しいですね…。

posted by ちょびすけ at 02:18 | Comment(3) | TrackBack(0) | 飼い主日記

2006年11月03日

お葬式

昨日とはうって変わってきれいに晴れた文化の日の朝、ちょびすけのお葬式に行ってきました。場所は江戸川区にある廣済寺というお寺に付属の動物斎場です。

途中、弟とお袋、それによく遊びに来てちょびすけをモフモフしてくれた友達をピックアップして向かいました。普段はにぎやかを通り越して騒がしい家族や友達ですが、この日は誰もがじっと静かに車に乗っていました。

お寺の寺務所で名前を告げると、特にこれといった手続きもなく「こちらへどうぞ」と火葬場のほうに案内されました。火葬炉の台車の上にちょびすけを横たえ、ちょびすけの好きだったジャーキーやお気に入りのぬいぐるみ、そしてお袋の買ってきた花を周りにおいて、用意されていた焼香台で順番に焼香しました。

↓ちょびすけと最期のお別れ。
http://vmax.sakura.ne.jp/sblo_files/chobisuke/image/20061103-103941.jpg

ひととおりお別れがすむと係の人が台車を火葬炉の中に入れました。操作盤のボタンを押すと、自動で火葬炉の扉が閉まり、音もなく火葬が始まりました。「一時間ほどで済みますので」といわれ、寺務所の待合室のほうに案内されました。

ペットの斎場らしく、寺ではボンというレトリーバーとトロという猫が飼われていました。(寺の案内看板に犬猫のイラストと名前が書いてあった。)

20061103-113338.jpg
20061103-113929.jpg

煙草を吸ったり、トロ、ボンをモフモフしたりしながら、待つこと小一時間。猫がトボトボと歩いていくのを追って再び火葬場のほうへ行ってみると、すでに火葬は終わっており、曳きだされた台車の上でちょびすけが骨だけになっていました。ちゃんと骨壷が用意されており、みなで順番に骨上げを行いました。係りの人が「ワンちゃん、ご病気でしたか?」と問うので聞いてみると、体の割りに残った骨がずいぶん少ないとのこと。やっぱり骨が弱っていたんだなあ…と、また悲しくなりました。

↓お骨になったちょびすけ…。。。。
http://vmax.sakura.ne.jp/sblo_files/chobisuke/image/20061103-114226.jpg

寺務所に戻り料金を払い、骨壷を抱えてみなで斎場を後にしました。ちょびすけは柴犬としてはかなり重く、何年か前、ちょびすけを抱こうとしてぎっくり腰になってしまったこともあるぐらいですが、今のちょびすけはとても軽く小さくおとなーしく、静かに骨壷の中に納まっていました。

帰宅してからどこにちょびすけを置こうかと少し迷った挙句、神社札を祭ってある横に安置して水とチーズを替えてやりました。昨晩今にもむっくり起きだしそうに横たわっていたちょびすけを見ていたときは、まだ死んでしまったことが気持ちの上では完全に実感としてつかめなかった飼い主ですが、骨壷に納まって骨になったちょびすけを見て、初めて「ああ、ほんとにちょびすけは逝ってしまったんだなあ…」ということが実感できたような気がします。
20061103-141928.jpg

もちろんまだまだ悲しいことには変わりませんが、あの世でゆっくり休んで幸せに暮らしておくれと手を合わせると、へんな言い方ですが、少しほっとした気分になれました。きちんと見送ることができたという安心感と申しましょうか…。

皆さんコメントくださったとおり、きっとちょびすけ、虹の橋のたもとで、ワフワフいっていることでしょう。

ふと思ったのですが、虹の橋=レインボーブリッジですよねえ、、、。。今のうちからはレインボーブリッジがよく見えます。ちょびすけのお骨もよく橋が見える場所においてあります。
IMG_1821.jpg

きっとどこかでちょびすけも飼い主のこと見ていると信じています。
posted by ちょびすけ at 21:26 | Comment(9) | TrackBack(0) | 画像日記

昔の写真6

家に来た頃〜1997年ぐらいまで
これから焼き場に行ってきます。

image/chobisuke-2006-11-03T09:29:51-1.jpg
image/chobisuke-2006-11-03T09:29:51-2.jpg
image/chobisuke-2006-11-03T09:29:52-3.jpg
image/chobisuke-2006-11-03T09:29:52-4.jpg
image/chobisuke-2006-11-03T09:29:52-5.jpg
image/chobisuke-2006-11-03T09:29:52-6.jpg
image/chobisuke-2006-11-03T09:29:53-7.jpg
image/chobisuke-2006-11-03T09:29:53-8.jpg
image/chobisuke-2006-11-03T09:29:53-9.jpg
image/chobisuke-2006-11-03T09:29:53-10.jpg
image/chobisuke-2006-11-03T09:29:54-11.jpg
image/chobisuke-2006-11-03T09:29:54-12.jpg
image/chobisuke-2006-11-03T09:29:54-13.jpg
image/chobisuke-2006-11-03T09:29:55-14.jpg
image/chobisuke-2006-11-03T09:29:55-15.jpg
image/chobisuke-2006-11-03T09:29:55-16.jpg
image/chobisuke-2006-11-03T09:29:56-17.jpg
posted by ちょびすけ at 09:29 | Comment(1) | TrackBack(0) | 画像日記

昔の写真5

2001年〜2002年ごろ

image/chobisuke-2006-11-03T00:12:37-1.jpg
image/chobisuke-2006-11-03T00:12:38-2.jpg
image/chobisuke-2006-11-03T00:12:38-3.jpg
image/chobisuke-2006-11-03T00:12:38-4.jpg
image/chobisuke-2006-11-03T00:12:39-5.jpg
image/chobisuke-2006-11-03T00:12:39-6.jpg
image/chobisuke-2006-11-03T00:12:40-7.jpg
image/chobisuke-2006-11-03T00:12:40-8.jpg
image/chobisuke-2006-11-03T00:12:40-9.jpg
image/chobisuke-2006-11-03T00:12:41-10.jpg
image/chobisuke-2006-11-03T00:12:41-11.jpg
image/chobisuke-2006-11-03T00:12:42-12.jpg
image/chobisuke-2006-11-03T00:12:42-13.jpg
posted by ちょびすけ at 00:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | 画像日記

2006年11月02日

レスに代えて


皆さん、弔いのお言葉、励ましのお言葉、本当にありがとうございます。今はひとつひとつお返事する元気がありませんが、何卒ご容赦の程を…。
ちょびすけ関係のものが目にはいると余計に悲しくなるので、ベッドやらサークルやらグルーミング道具やらおもちゃやら思い切って片付けてみたものの部屋ががらんとして隙間だけが増えたような気がします…。

リビングに寝かせたちょびすけの枕元で晩酌していると、生前ちょびすけが晩酌する飼い主に向かってチーズやらハムやら欲しがってきゅうきゅう鳴いていたのが思い出されます。横でみていると今にも
鼻をヒクヒクさせて「なになに〜?」ってムックリ起き出しそうなんですよ…ほんとに…。

posted by ちょびすけ at 22:28 | Comment(4) | TrackBack(0) | 画像日記

ちょびすけ、お帰り…おやすみなさい。

今朝、獣医さんに伺い、ちょびすけの遺体を引き取ってきました。

死因について確定診断は難しいのだそうですが、症状から推測すると脊椎軟化症を発症したのではないかとのことでした。脊椎軟化症は椎間板ヘルニアからの発展病態で椎間板ヘルニアになった犬のうち数パーセントは脊椎軟化症に発展するのだそうです。ちょびすけはレントゲンの像から脊椎の変形が見られ、椎間板ヘルニアを起こしていることが疑われていましたが、椎間から髄核が飛び出すときの圧力が強すぎると、脊髄内の血管を破壊し、脊髄が徐々に壊死していき、約1週間で延髄に達し、呼吸が止まり亡くなってしまうのだそうです。

先ほど帰ってきてきてから、ある獣医さんのブログで読んだのですが、脊椎軟化症をおこすともう助けることはできず、麻痺が次第に腰から頭の方へ進んで行き、呼吸が止まるまで何もできなくなってしまうのだそうです…。
その獣医さんいわく、
「飼い主さんにとっては横たわったまま動けず麻痺が進んで行くのを、何もできず見ているだけですから到底耐えられる状況ではなく、今度のワンコも病院で預かり、ICUの中で少しでも苦痛でないようにとお預かりしましたが、静かに息を引き取りました。」
とのこと。

ちょびすけも家で見取ることはできなかったけれど、獣医さんに預かっていただいて、極力苦痛のない形で静かに息を引き取ることができたのは本当にありがたいことでした。精一杯のケアをしてくださった先生には本当に感謝しています。

ちょびすけと対面すると、うっすら目を開けたままで、耳もピンと立っていて、今にもぷすっっと顔を上げそうな感じでした。毛布にくるんで抱いて車に乗せ、弟と一緒に自宅に帰ってきました。涼しい時期とはいえ、何日も遺体を置いておくことはできまいと、獣医さんに教えていただいたペットの葬儀屋さんに連絡したところ、「今日は友引で火葬は控えさせていただいています」とのこと。「へえ〜、犬にも友引なんてあるんだ…」と変な感慨を抱きながら、明日の午前中に火葬場を予約してちょびすけを安置しました。

皆さんにコメントいただいたとおり、きっと今頃虹の橋のたもとで、思う存分ガウガウとあほ走りしまくっていることでしょう。

「ちょびすけへ。
13年間一緒にいてとても楽しかったよ。車が大好きでいろんなところにドライブに行ったよね。お肉が大好物で、俺が食べてると催促もしないのに次から次へとぬいぐるみ咥えてきて、目をきらきらさせながらお座りして『ちょーだい、ちょーだい』って言ってたよね。柴犬の癖に寒がりで、真冬の夜はごそごそと人の布団に入り込んで、ぴとーっっとくっついて一緒に寝たよね。俺が海外に行っている間、たまーに帰ってくると、耳ぺったんこにして尻尾千切れんばかりに振って、スリッパ咥えてぐるぐるいいながら大喜びしてくれたよね。。。

もう痛くも寒くもないから、ゆっくりやすみなさい。思う存分駆け回ったりおいしいもの食べたりしながら、あと何十年先かわからないけど俺が逝くまで待ってなね。きっといっぱいお友達もいるから寂しくないよね。また会うことができたら、一緒に駆け回ったり、タオル引っ張りあいっこしたり、背中合わせでぐうぐう昼寝したりしようね。

また会う日まで。
飼い主。」



-------------------
※注:ちょびすけが帰ってきて、部屋に寝かせた写真を撮りました。決してグロ画像ではありませんが、あくまで遺体の写真なので、あえてリンク先だけ張っておきます。この点ご了解の上ご覧ください。

http://vmax.sakura.ne.jp/sblo_files/chobisuke/image/20061102-115823.jpg
posted by ちょびすけ at 14:15 | Comment(7) | TrackBack(0) | 画像日記

2006年11月01日

無題


先ほど獣医さんから連絡があり ちょびすけが容態急変し 亡くなってしまったそうです。今すぐにも飛んでいきたいところですが 飼い主 今、接待中にていってやること叶いません。心の中で冥福を祈って明日の朝一で迎えに行ってやります。どうやらほとんど苦しまずに逝ったらしいのが救いです。
暖かい励ましを下さった皆さん、どうもありがとうございました。

いつの日か虹の橋のたもとでちょびすけが待っていてくれることをいのりつつ…。

飼い主。。。
posted by ちょびすけ at 22:35 | Comment(16) | TrackBack(0) | 画像日記